北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【シュート編】
RSS
Column
2017 12/21 [Thu.]

この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【シュート編】

2017年のJ1リーグ戦も全日程を終了した。
その全306試合の中から、「最も○○のデータが凄かった」試合をピックアップしてみよう。

今回は【シュート編】として、『シュート数』『枠内シュート数』『枠外シュート数』の3つを紹介する。なお、本コラムのシュート数は、Jリーグ公認データStatsStadium(スタッツスタジアム)の数字に準拠している。

まず『シュート数』で1位になったのは第27節の鹿島vsG大阪で、両チーム合わせて36本だった。
この試合では前半7分にアウェイのG大阪が先制し、後半アディショナルタイムにホームの鹿島が逆転ゴールを挙げている。
ちなみにG大阪の先制点はチームの最初のシュート、鹿島の逆転ゴールはチームの最後のシュートだった。
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/092302/live/

上位の試合の数字を見ると、ホームチームが20本以上のシュートを打ちつつ、アウェイチームも10本以上のシュートを打っている。
どの試合でも3つ以上のゴールが決まったうえに1点差または同点となっており、スペクタクルな試合だったと言えるのではないだろうか。

番外編として、シュート数が最も少なかったのは第17節の新潟vs磐田の7本。
特に新潟はシュートを1本しか打つことができなかった。また、磐田の1点目はオウンゴールによる得点となっている。

次に『枠内シュート数』で1位になったのは、第1節の横浜FMvs浦和。なんと今季の開幕戦である。
両チーム合わせて実に18本のシュートが枠内に飛んでいた。
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/022501/live/

枠内シュートが多いだけに、上位3試合とも大量の得点が入っており、特に3位の浦和vs広島は枠内シュート16本から7ゴールが決まっている。

番外編として、枠内シュート数が最も少なかったのは第28節の大宮vs清水の0本。
シュート自体は合計13本あったが、全て枠外か相手にブロックされていた。
ちなみに枠内シュート数が両チーム合わせて0本だったのはこの試合だけである。

最後に『枠外シュート数』で1位になったのは、第16節のG大阪vs川崎Fと第20節の川崎FvsFC東京の19本。
どちらも川崎Fが多くの枠外シュートを打っている。
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/062508/live/
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/080505/live/

この3試合に共通している点はアウェイチームが先制していること。これによってオープンな試合展開になりやすいのかもしれない。
また、両チームとも枠外シュートが多いというよりは、どちらかに偏る傾向がありそうだ。


今回は『シュート』に関して際立っていた試合を紹介した。
この中で実際に中継を見た試合や現地に観に行った試合がある方は、記憶に残っているだろうか。Jリーグ公式ウェブサイトから、ハイライト映像でもう一度振り返ってみるのもいいかもしれない。

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
  • 2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
Jリーグスタジアム
順位表
勝点試合得点得失
1 川崎F 72 34 71 39
2 鹿島 72 34 53 22
3 C大阪 63 34 65 22
4 62 34 49 16
5 横浜FM 59 34 45 9
6 磐田 58 34 50 20
7 浦和 49 34 64 10
8 鳥栖 47 34 41 -3
9 神戸 44 34 40 -5
10 G大阪 43 34 48 7
11 札幌 43 34 39 -8
12 仙台 41 34 44 -9
13 FC東京 40 34 37 -5
14 清水 34 34 36 -18
15 広島 33 34 32 -17
16 甲府 32 34 23 -16
17 新潟 28 34 28 -32
18 大宮 25 34 28 -32
攻撃CBP
1 川崎F 761.03
2 浦和 723.39
3 鹿島 641.52
4 広島 623.89
5 C大阪 588.24
6 G大阪 567.96
7 仙台 561.06
8 558.29
9 神戸 550.93
10 FC東京 535.68
11 横浜FM 470.84
12 札幌 459.51
13 清水 443.40
14 磐田 443.39
15 鳥栖 439.62
16 大宮 420.32
17 甲府 390.38
18 新潟 376.87
守備P
1 1716.07
2 鹿島 1667.41
3 甲府 1638.17
4 大宮 1632.77
5 新潟 1621.74
6 C大阪 1604.50
7 札幌 1591.81
8 清水 1590.03
9 川崎F 1562.33
10 浦和 1547.13
11 広島 1535.80
12 G大阪 1519.84
13 仙台 1498.11
14 FC東京 1468.77
15 横浜FM 1468.24
16 神戸 1460.98
17 鳥栖 1451.91
18 磐田 1326.93
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 83 42 58 22
2 長崎 80 42 59 18
3 名古屋 75 42 85 20
4 福岡 74 42 54 18
5 東京V 70 42 64 15
6 千葉 68 42 70 12
7 徳島 67 42 71 26
8 松本 66 42 61 16
9 大分 64 42 58 8
10 横浜FC 63 42 60 11
11 山形 59 42 45 -2
12 京都 57 42 55 8
13 岡山 55 42 44 -5
14 水戸 54 42 45 -3
15 愛媛 51 42 54 -14
16 町田 50 42 53 0
17 金沢 49 42 49 -18
18 岐阜 46 42 56 -12
19 讃岐 38 42 41 -20
20 山口 38 42 48 -21
21 熊本 37 42 36 -23
22 群馬 20 42 32 -56
攻撃CBP
1 岐阜 1048.91
2 名古屋 971.31
3 千葉 811.51
4 徳島 796.32
5 大分 732.95
6 東京V 724.51
7 湘南 690.09
8 福岡 680.31
9 山形 661.44
10 山口 630.18
11 愛媛 627.08
12 横浜FC 614.62
13 松本 585.54
14 京都 555.11
15 金沢 541.65
16 岡山 533.51
17 熊本 526.02
18 水戸 517.53
19 群馬 515.54
20 町田 500.83
21 讃岐 462.54
22 長崎 460.56
守備P
1 町田 2360.53
2 群馬 2289.18
3 山形 2281.49
4 岡山 2277.32
5 愛媛 2201.25
6 湘南 2188.39
7 岐阜 2183.91
8 熊本 2168.59
9 金沢 2156.12
10 山口 2136.66
11 徳島 2128.24
12 松本 2126.64
13 東京V 2117.15
14 水戸 2114.68
15 千葉 2097.21
16 讃岐 2056.78
17 大分 2040.88
18 京都 2035.17
19 横浜FC 1996.21
20 名古屋 1995.86
21 福岡 1993.16
22 長崎 1919.73
#footballlab
HOME » この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【シュート編】
Team Select close