北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 川崎フロンターレ 2013マッチレポート
RSS
川崎フロンターレ
Kawasaki Frontale 川崎フロンターレ[J1 2013シーズン]
順位 勝点 引分 得点 失点 得失点差
3 60 18 6 10 65 51 14
Recent Result
2013 12/7[Sat]HOME
川崎F 川崎F 1 - 0 横浜FM 横浜FM
Next Match
試合がありません

J.LEAGUE DIVISION 12013 12/7[Sat] 15:30 Kick off等々力陸上競技場

天気 晴れ 気温 13.6 全面良芝/乾燥 観客数 20,151

Formation

フォーメーション図

Score

川崎F川崎F1-0横浜FM横浜FM
0前半0
1後半0
  • 後半9分
    レナト
得点

Review

川崎Fが4連勝で今季を締めくくり、大逆転でACL出場権を獲得した。開始直後は固さが見られたものの、徐々に細かいパスワークを披露。ゴールへの姿勢を強めると、後半9分にレナトが左足でネットを揺らし、先制に成功する。その後も、鋭いカウンターで相手を脅かし続け、守りでもジェシを中心に粘り強さを見せ、見事にクリーンシートを達成した。対する横浜FMは、慎重な立ち上がりが災い。ビハインドを負った後は、怒とうの攻めを見せるも、04年以来の優勝とはならなかった。

Starting member
出場時間
GK 21 西部 洋平 97
DF 23 登里 享平 97
DF 4 井川 祐輔 97
DF 5 ジェシ イエロー x 1 97
DF 3 田中 裕介 97
MF 20 稲本 潤一 97
MF 6 山本 真希 97
FW 10 ←OUT レナト イエロー x 1 88
MF 14 中村 憲剛 イエロー x 1 97
FW 16 ←OUT 大島 僚太 72
FW 13 大久保 嘉人 97
Substitute
GK 1 杉山 力裕 0
DF 2 →IN 伊藤 宏樹 8
DF 7 中澤 聡太 0
FW 9 矢島 卓郎 0
FW 11 →IN 小林 悠 25
MF 19 森谷 賢太郎 0
DF 22 福森 晃斗 0
Starting member
出場時間
GK 1 榎本 哲也 97
DF 5 ←OUT ドゥトラ イエロー x 1 91
DF 22 中澤 佑二 97
DF 4 栗原 勇蔵 97
DF 13 小林 祐三 イエロー x 1 97
MF 27 富澤 清太郎 97
MF 8 ←OUT 中町 公祐 イエロー x 1 69
MF 11 齋藤 学 97
MF 25 中村 俊輔 97
MF 7 ←OUT 兵藤 慎剛 77
FW 18 マルキーニョス 97
Substitute
MF 6 小椋 祥平 0
DF 15 ファビオ 0
MF 17 →IN 端戸 仁 6
FW 19 →IN 藤田 祥史 28
MF 20 →IN 佐藤 優平 20
DF 24 奈良輪 雄太 0
GK 30 六反 勇治 0

HOME:川崎F チーム・チャンスビルディング AWAY:横浜FM

HOME:川崎F チーム・チャンスビルディングポイント AWAY:横浜FM

川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
今季試合平均 第34節 第34節 今季試合平均
(20.00) 14.46 攻撃 14.36 (16.53)
(16.15) 12.52 パス 11.18 (13.07)
(2.24) 0.75 ドリブル 1.52 (1.48)
(1.62) 1.19 クロス 1.66 (1.98)
(0.49) 0.04 シュート -4.42 (-0.13)
(50.29) 51.08 守備 31.68 (51.33)
(0.43) 0.71 セーブ 0.48 (0.30)

HOME:川崎F 選手・チャンスビルディングポイント AWAY:横浜FM

川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
1.06齋藤 学
0.40中村 俊輔
レナト 0.36
小林 悠 0.26
中村 憲剛 0.13
0.05マルキーニョス
川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
1.14齋藤 学
大島 僚太 0.61
田中 裕介 0.58
0.52小林 祐三
川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
レナト 1.37
-0.07小林 祐三
-0.13ドゥトラ
-0.14中村 俊輔
-0.29栗原 勇蔵
中村 憲剛 -0.30
大久保 嘉人 -0.31
-0.44富澤 清太郎
小林 悠 -0.72
-1.53マルキーニョス
-1.82齋藤 学
川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
西部 洋平 0.71
0.48榎本 哲也

HOME:川崎F 時間帯別支配率・シュート・ゴール AWAY:横浜FM

15
46.0% 54.0%
S S S
30
55.7% 44.3%
S S S S S
45
61.5% 38.5%
S S S
60
55.7% 44.3%
G S S
75
44.4% 55.6%
S S S S S
90
47.8% 52.2%
S S S S S S S S S S
試合
51.9% 48.1%
アクチュアル・プレーイングタイム 51'54

HOME:川崎F チーム・スタッツ AWAY:横浜FM

川崎フロンターレ 横浜F・マリノス
成功率 総数 総数 成功率
10.0% 10 シュート 19 0.0%
- 5 枠内シュート 6 -
- 0 PKによるシュート 0 -
78.5% 466 パス 417 72.7%
20.0% 10 クロス 16 25.0%
- 15 直接FK 15 -
- 2 間接FK 2 -
- 2 CK 5 -
88.9% 18 スローイン 24 91.7%
23.8% 21 ドリブル 16 43.8%
76.9% 26 タックル 33 75.8%
- 29 クリア 20 -
- 4 インターセプト 2 -
- 2 オフサイド 2 -
- 3 警告 3 -
- 0 退場 0 -
- 35 30mライン進入 50 -

34節の対戦カード

日付 K.O. ホーム アウェイ 開催地 観客数
34 12/7 15:30 浦和レッズ 2 - 5 セレッソ大阪 埼玉 54,905
34 12/7 15:30 清水エスパルス 1 - 2 柏レイソル アイスタ 14,185
34 12/7 15:30 鹿島アントラーズ 0 - 2 サンフレッチェ広島 カシマ 26,897
34 12/7 15:30 アルビレックス新潟 2 - 0 名古屋グランパス 東北電ス 30,504
34 12/7 15:30 ヴァンフォーレ甲府 0 - 0 サガン鳥栖 中銀スタ 11,742
34 12/7 15:30 湘南ベルマーレ 0 - 1 大宮アルディージャ BMWス 9,257
34 12/7 15:30 川崎フロンターレ 1 - 0 横浜F・マリノス 等々力 20,151
34 12/7 15:30 FC東京 2 - 0 ベガルタ仙台 味スタ 27,583
34 12/7 15:30 ジュビロ磐田 3 - 1 大分トリニータ ヤマハ 8,534
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
Column more
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
順位表
勝点試合得点得失
1 鹿島 58 26 44 19
2 川崎F 52 26 51 24
3 50 26 40 15
4 C大阪 48 26 50 21
5 横浜FM 48 26 32 11
6 磐田 43 26 39 14
7 G大阪 40 26 42 12
8 浦和 40 26 54 11
9 鳥栖 37 26 31 -1
10 FC東京 36 26 32 1
11 神戸 36 26 30 -2
12 仙台 32 26 30 -12
13 清水 28 26 30 -12
14 札幌 26 26 24 -15
15 広島 23 26 24 -14
16 甲府 21 26 15 -15
17 大宮 21 26 24 -22
18 新潟 11 26 17 -35
攻撃CBP
1 川崎F 600.73
2 浦和 559.53
3 広島 493.04
4 鹿島 483.79
5 G大阪 448.67
6 C大阪 436.60
7 430.11
8 仙台 412.07
9 神戸 409.12
10 FC東京 402.80
11 横浜FM 363.06
12 札幌 361.31
13 鳥栖 358.20
14 磐田 339.88
15 清水 338.21
16 大宮 327.94
17 甲府 294.27
18 新潟 277.83
守備P
1 鹿島 1287.45
2 1271.90
3 甲府 1251.73
4 C大阪 1220.76
5 清水 1218.94
6 大宮 1216.59
7 札幌 1215.30
8 G大阪 1193.75
9 新潟 1176.42
10 川崎F 1171.67
11 広島 1171.59
12 浦和 1163.87
13 鳥栖 1151.46
14 仙台 1126.98
15 横浜FM 1126.40
16 FC東京 1090.20
17 神戸 1027.68
18 磐田 990.13
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 70 33 44 18
2 長崎 59 33 42 7
3 福岡 58 33 42 14
4 松本 55 33 52 21
5 横浜FC 53 33 47 13
6 名古屋 53 33 61 8
7 徳島 52 33 55 20
8 東京V 51 33 49 11
9 大分 51 33 44 4
10 岡山 49 33 38 2
11 千葉 47 33 51 2
12 山形 46 33 34 -5
13 水戸 45 33 36 0
14 町田 44 33 43 4
15 岐阜 43 33 45 0
16 愛媛 43 32 40 -7
17 京都 38 32 41 -1
18 金沢 33 33 33 -24
19 讃岐 31 33 36 -12
20 熊本 30 33 29 -15
21 山口 25 33 37 -20
22 群馬 18 33 22 -40
攻撃CBP
1 岐阜 821.31
2 名古屋 750.75
3 千葉 672.23
4 徳島 599.88
5 東京V 577.48
6 大分 565.68
7 湘南 544.67
8 福岡 541.89
9 山形 514.23
10 山口 504.29
11 松本 470.50
12 横浜FC 463.95
13 愛媛 463.44
14 京都 418.24
15 金沢 415.84
16 岡山 405.41
17 群馬 400.13
18 水戸 393.49
19 熊本 393.21
20 町田 390.74
21 讃岐 366.62
22 長崎 353.73
守備P
1 町田 1861.30
2 群馬 1810.87
3 山形 1775.21
4 岡山 1773.05
5 岐阜 1721.41
6 湘南 1720.92
7 徳島 1696.31
8 千葉 1689.82
9 金沢 1680.80
10 熊本 1677.93
11 松本 1669.82
12 東京V 1656.07
13 讃岐 1647.19
14 山口 1645.78
15 愛媛 1632.82
16 水戸 1630.20
17 大分 1616.69
18 福岡 1569.94
19 名古屋 1541.77
20 長崎 1523.43
21 横浜FC 1508.99
22 京都 1473.36
#footballlab
HOME » 川崎フロンターレ 2013マッチレポート
Team Select close