北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 田中マルクス闘莉王 2014 選手データ
RSS
名古屋グランパス
Nagoya Grampus 名古屋グランパス[J1 2014シーズン]
順位 勝点 引分 得点 失点 得失点差
10 48 13 9 12 47 48 -1
Recent Result
2014 12/6[Sat]AWAY
名古屋 名古屋 2 - 1 浦和 浦和
Next Match
試合がありません
2017 7/25 update
田中 マルクス闘莉王Marcus Tulio Tanaka
ポジション DF 生年月日 1981 4/24 身長/体重 185cm / 82kg 出生地 ブラジル

スタメン時のポジション

LSB0
LWB0
LSH0
GK0
CB31
CH0
OH0
CF0
RSB0
RWB0
RSH0
※試合開始時点でのポジションとなりますので、途中出場の場合はカウントされません。また、試合途中でポジションが変更となった場合もカウントされません。ポジションは弊社独自の判断となっており、公式のものではありません。複数のチームでプレーした場合は、最終所属チームでのデータとなります。

プレースタイル

※2014年J1 の集計データより算出

左下「Playing Style 指標」内の数値は、さまざまなプレーデータから算出された数値の偏差値をポイント化したものです。詳細は「プレースタイル指標とは」のページをご覧ください。

Playing Style 指標 [1~20]
決定力11-----------
シュート力9---------
パスレスポンス力5-----
パスチャンス力9---------
クロスチャンス力4----
ドリブルチャンス力5-----
ビルドアップ力10----------
敵陣空中戦13-------------
自陣空中戦20--------------------
守備力20--------------------
ボール奪取力10----------

最新の出場状況

2014 12/6[Sat]
名古屋 2 1 浦和
AWAY
Playing Time52
Goal0
Assist0
Yellow Card0
Red Card0
Chance Building Point
Shot-0.44
Offense0.62
Defense8.03
Pass0.62
Dribble0
Cross0

シーズンスタッツ

年度 リーグ 所属 出場 先発 途中出場 ゴール シュート 成功率 アシスト 警告 退場
2012 J1 名古屋 33 33 0 9 63 14.3% 3 7 0
2013 J1 名古屋 27 27 0 3 37 8.1% 1 4 1
2014 J1 名古屋 31 31 0 7 32 21.9% 2 2 0
2015 J1 名古屋 30 30 0 5 43 11.6% 6 3 1
2016 J1 名古屋 7 7 0 0 6 0.0% 1 1 0
2017 J2 京都 18 16 2 12 48 25.0% 1 3 0
※所属順とはならない場合があります。

チャンスビルディングポイントCBポイントとは?

今季累計 リーグ順位 90分換算値
攻撃 45.77 65 1.40
パス 44.31 33 1.35
ドリブル 0.98 174 0.03
クロス 0.49 265 0.01
シュート 1.47 96 0.04
守備 395.78 1 12.10
セーブ 0 - 0
シュートポイントの変動
攻撃ポイントの変動
守備ポイントの変動

出場記録各試合のチャンスビルディングポイント

日付 試合結果 出場時間 Pos. G A シュート 攻撃 パス ドリブル クロス 守備
1 3/1 名古屋 23 清水 90 CB 1 0 2.12 1.91 1.42 0 0.49 8.86
2 3/8 大宮 12 名古屋 90 CB 0 0 0 1.59 1.59 0 0 11.13
3 3/15 01 名古屋 90 CB 0 0 0 1.62 1.57 0.06 0 21.14
4 3/23 名古屋 21 神戸 90 CB 0 0 0 2.06 2.06 0 0 13.42
5 3/28 川崎F 10 名古屋 90 CB 0 0 -0.30 1.75 1.75 0 0 12.96
6 4/6 名古屋 25 広島 90 CB 0 0 イエロー x 1 0 1.35 1.35 0 0 5.10
7 4/12 名古屋 12 浦和 90 CB 0 0 0 1.52 1.52 0 0 12.92
8 4/19 甲府 20 名古屋 90 CB 0 0 0 1.81 1.81 0 0 13.16
9 4/26 名古屋 23 鳥栖 90 CB 1 0 -0.13 1.69 1.55 0.15 0 31.19
10 4/29 F東京 01 名古屋 90 CB 0 0 -0.88 0.87 0.87 0 0 9.93
11 5/3 名古屋 12 C大阪 90 CB 1 0 -0.73 2.21 2.21 0 0 13.01
12 5/6 鹿島 12 名古屋 90 CB 0 0 -0.43 0.23 0.23 0 0 5.24
13 5/10 名古屋 12 G大阪 90 CB 1 0 1.67 2.88 2.15 0.73 0 11.85
14 5/17 新潟 11 名古屋 90 CB 0 0 -0.44 1.27 1.22 0.04 0 17.33
15 7/19 名古屋 11 徳島 90 CB 1 0 -0.29 2.52 2.52 0 0 7.11
19 8/9 名古屋 23 鹿島 90 CB 0 0 0 0.72 0.72 0 0 6.30
20 8/16 G大阪 01 名古屋 90 CB 0 0 -0.43 1.12 1.12 0 0 18.41
21 8/23 名古屋 11 90 CB 1 0 1.63 0.83 0.83 0 0 13.88
22 8/30 名古屋 11 川崎F 90 CB 0 0 -0.44 1.31 1.31 0 0 5.08
23 9/13 横浜FM 02 名古屋 90 CB 0 0 -0.44 0.70 0.70 0 0 5.88
24 9/20 名古屋 20 甲府 90 CB 0 0 0 2.40 2.40 0 0 24.10
25 9/23 C大阪 12 名古屋 90 CB 0 0 0 0.59 0.59 0 0 13.77
26 9/27 名古屋 01 新潟 90 CB 0 0 -0.52 1.31 1.31 0 0 13.01
27 10/5 神戸 13 名古屋 90 CB 0 0 0 1.62 1.62 0 0 11.79
28 10/18 広島 40 名古屋 90 CB 0 0 イエロー x 1 -0.44 1.20 1.20 0 0 5.75
29 10/22 名古屋 00 仙台 90 CB 0 0 0 2.37 2.37 0 0 13.34
30 10/26 徳島 02 名古屋 90 CB 0 1 0 2.02 2.02 0 0 13.63
31 11/2 名古屋 22 F東京 90 CB 1 0 2.12 1.03 1.03 0 0 17.53
32 11/22 清水 22 名古屋 90 CB 0 1 0 1.55 1.55 0 0 17.66
33 11/29 名古屋 21 大宮 90 CB 0 0 -0.14 1.41 1.41 0 0 15.42
34 12/6 浦和 12 名古屋 ←OUT 52 CB 0 0 -0.44 0.62 0.62 0 0 8.03
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
Column more
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
順位表
勝点試合得点得失
1 C大阪 41 19 39 21
2 鹿島 37 18 28 9
3 川崎F 35 18 33 16
4 34 18 27 8
5 横浜FM 33 18 23 8
6 G大阪 32 18 31 13
7 磐田 31 18 25 10
8 浦和 29 19 45 11
9 神戸 26 18 20 -2
10 FC東京 25 18 24 3
11 鳥栖 24 18 21 -1
12 清水 21 18 21 -4
13 仙台 21 18 22 -13
14 甲府 16 18 10 -9
15 札幌 16 18 16 -12
16 大宮 15 18 16 -16
17 広島 11 18 16 -15
18 新潟 8 18 12 -27
攻撃CBP
1 浦和 422.33
2 川崎F 397.77
3 広島 366.45
4 鹿島 326.57
5 C大阪 323.27
6 G大阪 301.69
7 300.05
8 仙台 299.90
9 神戸 293.57
10 FC東京 277.03
11 横浜FM 248.65
12 清水 241.33
13 鳥栖 239.93
14 札幌 239.53
15 磐田 222.40
16 大宮 219.57
17 甲府 187.92
18 新潟 180.66
守備P
1 鹿島 942.79
2 C大阪 913.16
3 912.90
4 甲府 885.40
5 大宮 882.52
6 清水 878.61
7 札幌 876.75
8 浦和 864.17
9 G大阪 863.88
10 鳥栖 834.40
11 新潟 822.58
12 仙台 813.31
13 川崎F 799.67
14 横浜FM 786.89
15 広島 767.01
16 神戸 750.02
17 FC東京 748.37
18 磐田 726.31
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 47 24 27 7
2 福岡 46 24 34 14
3 徳島 43 24 38 17
4 長崎 41 24 31 6
5 横浜FC 38 24 33 10
6 名古屋 37 24 37 2
7 岡山 37 24 28 0
8 松本 36 24 32 13
9 東京V 36 24 35 6
10 千葉 36 24 41 5
11 水戸 36 24 28 2
12 町田 35 24 33 6
13 大分 35 24 32 4
14 山形 35 24 23 -4
15 京都 32 24 33 2
16 愛媛 32 24 31 -3
17 金沢 28 24 26 -13
18 岐阜 26 24 33 -5
19 熊本 23 24 26 -12
20 山口 19 24 24 -10
21 讃岐 14 24 26 -16
22 群馬 14 24 16 -31
攻撃CBP
1 岐阜 582.47
2 千葉 520.76
3 名古屋 512.20
4 徳島 429.09
5 大分 412.81
6 東京V 407.01
7 湘南 399.13
8 福岡 397.26
9 山口 389.65
10 山形 377.34
11 愛媛 365.57
12 松本 338.23
13 横浜FC 316.92
14 京都 302.52
15 岡山 297.83
16 群馬 291.80
17 水戸 287.96
18 熊本 286.74
19 町田 279.39
20 金沢 279.11
21 讃岐 261.63
22 長崎 253.92
守備P
1 群馬 1374.36
2 町田 1336.87
3 岐阜 1302.89
4 山形 1297.68
5 岡山 1261.02
6 愛媛 1257.76
7 讃岐 1257.57
8 徳島 1253.46
9 湘南 1252.96
10 金沢 1246.32
11 東京V 1243.33
12 千葉 1239.62
13 水戸 1223.08
14 山口 1215.39
15 松本 1207.41
16 熊本 1175.95
17 横浜FC 1163.93
18 大分 1161.48
19 長崎 1135.13
20 名古屋 1123.40
21 福岡 1123.18
22 京都 1097.44
#footballlab
HOME » 田中マルクス闘莉王 2014 選手データ
Team Select close