北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 2017富士ゼロックススーパーカップ タイムライン
RSS
FUJI XEROX SUPER CUP
Contents Menu
2017 2/18[Sat] 13:35 Kick off日産スタジアム
鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ

タイムライン

0鹿島ボールでキックオフ、試合開始
0鹿島フォーメーションは4-4-2。新加入のクォンスンテがゴールマウスを守る
0浦和フォーメーションは3-4-2-1。武藤と李が2シャドーを務める
1浦和左サイドの敵陣中央でFKを獲得
2浦和キッカーの菊池がクロスを上げるも、DFにクリアされてしまう
4鹿島金崎が土居とのワンツーで抜け出し、ペナルティエリア内からシュートを放つ。しかし、GKに防がれてしまう

8.土居のスルーパス時の全選手のポジション

33.金崎がパスを出してから受けるまでの移動の軌跡

7浦和左サイドからのCKを獲得する
8浦和キッカーの菊池が右足でクロスを供給する。しかし、DFのクリアに遭う

CK後の鹿島のカウンターを1.西川が防ぐ

10鹿島昌子が遠い位置から思い切りよく右足でシュートを放つ。しかし、GKに処理されてしまう
11鹿島ペナルティエリア手前の中央で金崎が倒されるも、ホイッスルはなし
12鹿島遠藤が右サイドの敵陣深い位置から左足でクロスを上げる。しかし、GKにキャッチされてしまう
15鹿島金崎がペナルティエリア左脇から低く抑えたクロスを送る。ペドロジュニオールが反応するも、シュートに持ち込むことができない
16浦和青木が右足でスルーパスを送るも、味方は反応できない
17浦和左サイドの敵陣中央でFKを獲得
18浦和キッカーの菊池がクロスを上げるも、DFにクリアされてしまう
18浦和森脇が倒されて敵陣中央でFKを獲得する
19浦和直接狙うのではなく、パスをつないでクロスを上げる。しかし、得点には結び付かない
20浦和左サイドからのCKを獲得する。キッカーの武藤がクロスを送るも、DFのクリアに遭う
21鹿島金崎がペナルティエリア手前からダイレクトでシュートを放つ。しかし、枠に飛んだ強烈なシュートはGKの好セーブに阻まれてしまう

33.金崎のインターセプトからレオシルバのドリブル

4.レオシルバのドリブル時の移動の軌跡

33.金崎シュート時の全選手のポジション

24浦和青木にイエローカード
25浦和遠藤が自陣から前線へロングボールを送るも、GKに処理されてしまう
27浦和敵陣中央の右でFKを獲得。パスに反応した宇賀神がシュートを放つも、枠に飛ばすことができない
28鹿島金崎が突破し、ペナルティエリア左からクロスを送る。反応した遠藤はシュートを放つも、GKにセーブされてしまう
33浦和駒井が右サイドで仕掛けるも、DFに対応されてボールを失ってしまう
34浦和ペナルティエリア手前の中央からズラタンが右足でシュートを放つ。しかし、枠に飛ばすことができない

21.ズラタンパス受け時のポジションと近い相手選手間の距離

21.ズラタンシュート時の全選手のポジション

36浦和菊池が左サイドの敵陣中央でパスを受け、クロスを上げるも、オフサイドの判定を受ける
37鹿島西が遠藤に倒されてペナルティエリア手前の中央でFKを獲得する
39鹿島ゴール!キッカーは遠藤。左足でカーブを掛けたシュートは壁を越え、ゴール右隅に決まる
40鹿島レオシルバにイエローカード
43鹿島ゴール!金崎がペナルティエリア内からシュートを放つ。これは右のポストを直撃してしまうも、こぼれ球は遠藤の下に。遠藤はシュートを放つと、ボールはGKの手に当たってゴールに吸い込まれる

4.レオシルバのスルーパス時の動き

8.土居のドリブル時の動き

25.遠藤シュート時の全選手のポジション

45+1アディショナルタイムは2分の表示
45+3前半終了。2-0と、鹿島のリードで試合を折り返す

前半の加速、減速ランキング

HT浦和20李OUT→30興梠IN
45浦和ボールでキックオフ、後半開始
49浦和興梠がペナルティエリア右脇から右足でクロスを供給する。しかし、味方にはつながらない
49鹿島セカンドボールを拾えず、守備の時間が続く
51浦和左サイドの敵陣中央でFKを獲得
52浦和キッカーの菊池が高いクロスを上げる。しかし、得点には結び付かない
52鹿島右サイドからのCKを獲得する
53鹿島キッカーの遠藤からのクロスに西が反応。頭で合わせるも、枠に飛ばすことができない
56鹿島小笠原にイエローカード
57浦和ボールを保持するも、シュートまで持ち込めない時間が続く

後半10分16秒、6.遠藤がバックパスを受けた状況でのポジション、距離データ

後半11分3秒、6.遠藤が前へ運び左サイドへパスを出した状況下での同データ

後半11分42秒、22.阿部が右サイドへパスを出した状況下での同データ

59鹿島ペドロジュニオールが金崎へパスを送る。しかし、ペナルティエリア内で受けた金崎はDFに対応されてシュートに持ち込むことができない
60浦和武藤とのワンツーで抜け出したズラタンがペナルティエリア内で右足を振り抜く。しかし、枠に飛ばすことができない
61鹿島左サイドの敵陣中央でFKを獲得
62鹿島キッカーの三竿雄がクロスを供給する。しかし、味方は合わせることができない
63浦和駒井が右サイドの敵陣深い位置からクロスを上げる。ゴール前のズラタンはヘディングシュートを放つも、枠をとらえられない

18.駒井クロス時の全選手のポジションと前後1秒の動き

64浦和18駒井OUT→15長澤IN
64浦和38菊池OUT→24関根IN
65鹿島33金崎OUT→9鈴木IN
67浦和森脇がペナルティエリア手前から左足でミドルシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない
68鹿島ベンチでは永木が出場の準備を進める
69鹿島4レオシルバOUT→6永木IN
71浦和興梠がヒールで中央へパスを送るも、味方はシュートにつなげることができない
72浦和興梠が小笠原に倒されてPKを獲得
74浦和ゴール!キッカーは興梠。ゴール右隅へ冷静にシュートを決めて1点を返す
75浦和ゴール!関根からのクロスにズラタンが合わせる。これはポストを直撃してしまうが、こぼれ球に武藤が反応。シュートを流し込み、同点に追い付く

24.関根ドリブル時の移動の軌跡

24.関根クロス時の中の動き

81鹿島最後の交代カード。山本がベンチで出場に向けて準備をしている
82鹿島15三竿雄OUT→16山本IN
83鹿島ゴール!相手DFからGKへのバックパスを鈴木が奪い、左足でシュートを放つ。これがゴール右に決まり、勝ち越しに成功する

16.山本のロングパス時のポジションと9.鈴木の移動の軌跡

鹿島の9.鈴木と浦和の6.遠藤のスピード変化

85浦和右サイドからのCKを獲得する。キッカーの武藤がクロスを上げるも、得点には至らない
87浦和関根がドリブルで突破し、右サイドの敵陣深い位置から低く抑えたクロスを送る。しかし、味方にはつながらない
90鹿島永木が右足でクロスを送る。ペナルティエリア内の鈴木は反応するも、合わせることはできない
90+1アディショナルタイムは4分の表示
90+2浦和ズラタンにイエローカード
90+4鹿島鈴木にイエローカード
90+5試合終了。3-2で鹿島が勝利

後半の加速、減速ランキング

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
Column more
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
順位表
勝点試合得点得失
1 C大阪 38 18 35 19
2 鹿島 37 18 28 9
3 川崎F 35 18 33 16
4 34 18 27 8
5 横浜FM 33 18 23 8
6 G大阪 32 18 31 13
7 磐田 31 18 25 10
8 浦和 29 18 43 13
9 神戸 26 18 20 -2
10 FC東京 25 18 24 3
11 鳥栖 24 18 21 -1
12 清水 21 18 21 -4
13 仙台 21 18 22 -13
14 甲府 16 18 10 -9
15 札幌 16 18 16 -12
16 大宮 15 18 16 -16
17 広島 11 18 16 -15
18 新潟 8 18 12 -27
攻撃CBP
1 浦和 399.93
2 川崎F 397.79
3 広島 366.49
4 鹿島 326.57
5 C大阪 309.68
6 G大阪 301.71
7 300.08
8 仙台 299.90
9 神戸 293.57
10 FC東京 277.02
11 横浜FM 248.65
12 清水 241.33
13 鳥栖 239.94
14 札幌 239.54
15 磐田 222.41
16 大宮 219.58
17 甲府 187.91
18 新潟 180.66
守備P
1 鹿島 942.86
2 912.91
3 甲府 885.40
4 大宮 882.52
5 清水 878.66
6 札幌 876.71
7 C大阪 866.89
8 G大阪 863.89
9 鳥栖 834.39
10 浦和 826.55
11 新潟 822.65
12 仙台 813.35
13 川崎F 799.66
14 横浜FM 786.93
15 広島 767.04
16 神戸 750.00
17 FC東京 748.35
18 磐田 726.32
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 47 23 27 10
2 福岡 46 23 34 15
3 長崎 41 23 30 7
4 徳島 40 23 37 16
5 名古屋 37 23 36 4
6 横浜FC 35 23 31 9
7 東京V 35 23 32 6
8 水戸 35 23 28 2
9 大分 34 23 32 4
10 岡山 34 23 26 -1
11 松本 33 23 30 12
12 千葉 33 23 39 3
13 町田 32 23 31 4
14 愛媛 32 23 30 -2
15 山形 32 23 20 -7
16 京都 29 23 30 0
17 金沢 28 23 26 -11
18 岐阜 26 23 33 -3
19 熊本 22 23 25 -12
20 山口 19 23 23 -9
21 讃岐 13 23 23 -16
22 群馬 13 23 15 -31
攻撃CBP
1 岐阜 562.67
2 千葉 501.73
3 名古屋 489.63
4 徳島 411.12
5 東京V 388.36
6 大分 386.24
7 湘南 384.95
8 福岡 382.68
9 山口 375.07
10 山形 356.73
11 愛媛 344.95
12 松本 327.76
13 横浜FC 303.19
14 京都 293.48
15 岡山 284.82
16 群馬 276.73
17 水戸 272.89
18 町田 271.79
19 金沢 271.65
20 熊本 267.93
21 讃岐 249.58
22 長崎 240.62
守備P
1 群馬 1313.20
2 町田 1296.18
3 岐阜 1264.26
4 山形 1237.49
5 岡山 1220.78
6 徳島 1213.57
7 讃岐 1208.27
8 東京V 1202.40
9 金沢 1197.37
10 湘南 1194.12
11 愛媛 1194.03
12 千葉 1191.37
13 山口 1180.76
14 水戸 1178.82
15 松本 1162.96
16 横浜FC 1137.82
17 熊本 1130.40
18 大分 1119.49
19 長崎 1109.00
20 福岡 1084.01
21 名古屋 1079.63
22 京都 1064.92
#footballlab
HOME » 2017富士ゼロックススーパーカップ タイムライン
Team Select close