北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 横浜FC 2016マッチレポート
RSS
横浜FC
Yokohama FC 横浜FC[J2 2016シーズン]
順位 勝点 引分 得点 失点 得失点差
8 59 16 11 15 50 51 -1
Recent Result
2016 11/20[Sun]AWAY
横浜FC 横浜FC 2 - 3 松本 松本
Next Match
試合がありません

J22016 9/25[Sun] 13:00 Kick offPikaraスタジアム

天気 曇時々雨 気温 26.9 全面良芝/水含み 観客数 3,241

Formation

フォーメーション図

Score

讃岐讃岐1-0横浜FC横浜FC
0前半0
1後半0
  • 後半34分
    木島 徹也
得点

Review

4バックに布陣を変更して臨んだ讃岐は、守備時には統率のとれた2ラインを形成。ブロックの外でパスを回させ、じれる展開に誘い込む。ターゲットとなる大久保へのロングボールに対しては、エブソンと藤井のセンターバックのコンビがうまく対応する。粘り強く耐える中で、後半34分には木島徹が一瞬の隙を突いて先制点を奪取。昨季の堅守を再現するような戦いぶりを披露し、白星を挙げた。一方の横浜FCは、チーム得点王のイバの不在と過密日程が影響し、精彩を欠く場面が散見。プレーオフ進出が遠のく敗戦となってしまった。

Starting member
出場時間
GK 1 清水 健太 96
DF 5 ←OUT 渡邉 大剛 89
DF 3 藤井 航大 96
DF 30 エブソン 96
DF 23 西 弘則 96
MF 19 仲間 隼斗 96
MF 7 永田 亮太 96
MF 10 高木 和正 96
MF 11 ←OUT 馬場 賢治 88
FW 13 ←OUT 木島 徹也 93
FW 18 ミゲル イエロー x 1 96
Substitute
GK 24 瀬口 拓弥 0
DF 2 →IN 小澤 雄希 6
MF 20 荻野 広大 0
MF 26 →IN 山本 翔平 7
FW 9 →IN 我那覇 和樹 3
FW 21 福家 勇輝 0
FW 33 木島 良輔 0
Starting member
出場時間
GK 18 南 雄太 96
DF 28 藤井 悠太 96
DF 21 大崎 玲央 96
DF 5 西河 翔吾 96
DF 22 永田 拓也 イエロー x 1 96
MF 8 佐藤 謙介 96
MF 6 ←OUT 中里 崇宏 83
MF 13 ←OUT 野崎 陽介 60
MF 16 野村 直輝 96
FW 39 大久保 哲哉 96
FW 9 ←OUT 津田 知宏 71
Substitute
GK 1 渋谷 飛翔 0
DF 3 田所 諒 0
DF 27 楠元 秀真 0
MF 10 →IN 寺田 紳一 36
MF 20 →IN ロク シュトラウス 25
FW 11 三浦 知良 0
FW 23 →IN ナ ソンス 13

HOME:讃岐 チーム・チャンスビルディング AWAY:横浜FC

HOME:讃岐 チーム・チャンスビルディングポイント AWAY:横浜FC

カマタマーレ讃岐 横浜FC
今季試合平均 第33節 第33節 今季試合平均
(12.50) 11.48 攻撃 21.35 (14.33)
(9.86) 7.86 パス 15.18 (11.36)
(1.25) 1.03 ドリブル 1.30 (1.27)
(1.40) 2.59 クロス 4.88 (1.70)
(0.33) 0.64 シュート -2.77 (-0.01)
(47.83) 33.39 守備 50.31 (52.02)
(0.48) 0.22 セーブ 0.27 (0.38)

HOME:讃岐 選手・チャンスビルディングポイント AWAY:横浜FC

カマタマーレ讃岐 横浜FC
0.51ナ ソンス
木島 徹也 0.48
0.40野村 直輝
馬場 賢治 0.30
0.23永田 拓也
0.16藤井 悠太
西 弘則 0.12
ミゲル 0.09
仲間 隼斗 0.04
カマタマーレ讃岐 横浜FC
0.27南 雄太
清水 健太 0.22

HOME:讃岐 時間帯別支配率・シュート・ゴール AWAY:横浜FC

15
36.1% 63.9%
S S S S
30
38.4% 61.6%
S S
45
50.0% 50.0%
S S S
60
41.2% 58.8%
S S S S S
75
30.4% 69.6%
S S
90
38.2% 61.8%
G S S
試合
39.2% 60.8%
アクチュアル・プレーイングタイム 53'19

HOME:讃岐 チーム・スタッツ AWAY:横浜FC

カマタマーレ讃岐 横浜FC
成功率 総数 総数 成功率
10.0% 10 シュート 9 0.0%
- 2 枠内シュート 2 -
- 0 PKによるシュート 0 -
73.5% 283 パス 541 83.4%
33.3% 15 クロス 19 52.6%
- 14 直接FK 13 -
- 1 間接FK 2 -
- 8 CK 4 -
87.5% 32 スローイン 18 83.3%
43.8% 16 ドリブル 19 31.6%
57.7% 26 タックル 25 88.0%
- 26 クリア 19 -
- 5 インターセプト 1 -
- 2 オフサイド 1 -
- 1 警告 1 -
- 0 退場 0 -
- 23 30mライン進入 41 -

33節の対戦カード

日付 K.O. ホーム アウェイ 開催地 観客数
33 9/25 13:00 カマタマーレ讃岐 1 - 0 横浜FC ピカスタ 3,241
33 9/25 14:00 ファジアーノ岡山 0 - 0 V・ファーレン長崎 Cスタ 8,165
33 9/25 14:00 松本山雅FC 1 - 0 清水エスパルス 松本 17,880
33 9/25 16:00 ロアッソ熊本 0 - 0 モンテディオ山形 うまスタ 4,341
33 9/25 16:00 ツエーゲン金沢 3 - 1 ザスパクサツ群馬 石川西部 3,633
33 9/25 16:00 東京ヴェルディ 1 - 1 ジェフユナイテッド千葉 味スタ 6,121
33 9/25 17:00 京都サンガF.C. 0 - 0 ギラヴァンツ北九州 西京極 6,919
33 9/25 18:00 レノファ山口FC 2 - 3 FC岐阜 維新公園 5,026
33 9/25 19:00 愛媛FC 1 - 1 水戸ホーリーホック ニンスタ 2,342
33 9/25 19:00 徳島ヴォルティス 0 - 1 セレッソ大阪 鳴門大塚 7,657
33 9/26 19:00 北海道コンサドーレ札幌 3 - 2 FC町田ゼルビア 札幌ド 11,914
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
Column more
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
順位表
勝点試合得点得失
1 鹿島 64 29 48 21
2 川崎F 59 29 59 29
3 53 29 44 14
4 横浜FM 52 29 37 11
5 C大阪 51 29 54 15
6 磐田 50 29 44 18
7 浦和 45 29 60 12
8 神戸 41 29 33 0
9 鳥栖 41 29 35 -1
10 G大阪 40 29 44 9
11 FC東京 38 29 34 -2
12 仙台 35 29 38 -11
13 札幌 31 29 30 -12
14 清水 29 29 31 -17
15 甲府 28 29 20 -13
16 広島 27 29 28 -14
17 大宮 23 29 26 -23
18 新潟 15 29 20 -36
攻撃CBP
1 川崎F 641.78
2 浦和 607.00
3 鹿島 523.25
4 広島 517.80
5 G大阪 476.12
6 C大阪 473.96
7 467.25
8 仙台 446.14
9 神戸 443.80
10 FC東京 435.43
11 横浜FM 393.44
12 札幌 390.59
13 鳥栖 377.79
14 清水 369.78
15 磐田 365.83
16 大宮 353.50
17 甲府 309.59
18 新潟 306.55
守備P
1 鹿島 1397.47
2 1357.43
3 甲府 1336.31
4 C大阪 1330.77
5 札幌 1305.78
6 新潟 1303.45
7 大宮 1298.62
8 清水 1296.05
9 広島 1284.50
10 浦和 1279.10
11 G大阪 1257.76
12 川崎F 1257.17
13 鳥栖 1230.34
14 仙台 1215.54
15 横浜FM 1191.63
16 FC東京 1171.93
17 神戸 1136.25
18 磐田 1063.47
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 77 37 53 22
2 福岡 68 37 50 18
3 長崎 67 37 47 9
4 名古屋 65 37 77 18
5 松本 61 37 57 18
6 徳島 60 37 63 25
7 東京V 60 37 58 13
8 横浜FC 57 37 52 10
9 大分 57 37 52 7
10 千葉 53 37 60 5
11 水戸 51 37 41 1
12 山形 50 37 37 -6
13 岡山 49 37 39 -5
14 京都 48 36 49 6
15 町田 47 37 48 2
16 愛媛 46 36 46 -11
17 岐阜 44 37 51 -7
18 金沢 38 37 41 -23
19 熊本 36 37 33 -15
20 讃岐 35 37 38 -16
21 山口 28 37 43 -23
22 群馬 19 37 25 -48
攻撃CBP
1 岐阜 920.09
2 名古屋 825.60
3 千葉 722.86
4 徳島 653.08
5 大分 628.03
6 東京V 619.42
7 湘南 595.37
8 福岡 583.68
9 山形 566.45
10 山口 543.87
11 愛媛 528.25
12 横浜FC 523.14
13 松本 501.83
14 金沢 461.59
15 京都 460.69
16 岡山 450.28
17 群馬 441.00
18 水戸 440.65
19 熊本 438.99
20 町田 427.84
21 讃岐 406.37
22 長崎 384.15
守備P
1 町田 2025.01
2 群馬 1961.62
3 岡山 1926.72
4 山形 1919.41
5 湘南 1875.09
6 徳島 1870.61
7 岐阜 1857.62
8 熊本 1839.19
9 金沢 1835.65
10 松本 1824.82
11 水戸 1820.08
12 千葉 1815.95
13 東京V 1807.96
14 讃岐 1795.12
15 山口 1789.54
16 愛媛 1787.25
17 大分 1755.20
18 福岡 1707.49
19 名古屋 1689.94
20 横浜FC 1663.29
21 京都 1652.43
22 長崎 1650.96
#footballlab
HOME » 横浜FC 2016マッチレポート
Team Select close