北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » Football LAB(フットボールラボ)とは
RSS

About“Football LAB”

Football LAB

Football LAB[フットボールラボ]」とは、Jリーグの試合結果・基本スタッツ(シュート数やパス数など)はもちろんのこと、試合におけるパスやタックル等のプレーデータや、それら100万を超える膨大なデータを元にした統計分析によって導き出した「Football LAB」オリジナルの選手評価指標スコア「チャンスビルディングポイント(CBP)」など「一歩踏み込んだデータ」をご覧いただけます。

「Football LAB」を通じて、Jリーグ各クラブのサポーターやサッカーファン、サッカーに関係する多くの方々に、より深くサッカーを知り、よりサッカーを楽しむために、当サイトを是非ご活用ください。

「Football LAB」とは、サイト名の通り「研究室」です。価値のあるデータの提供を目指すとともに、データという切り口から日本サッカー界の強化・普及・育成に少しでも貢献できるよう、随時コンテンツを見直していく予定です。

※データイメージ
データイメージ データイメージ データイメージ

データについて

「Football LAB」では、Jリーグ公認データStatsStadium(スタッツスタジアム)※1のデータを使用していますが、シュート数についてはデータスタジアムが独自に取得した数値となっております。

5つの特長

1. Jリーグ所属53チームの詳細データ

Jリーグ所属の全チームについて『シーズンサマリー』『マッチレポート』『マッチプレビュー』などを掲載しており、充実した内容となっています。 是非、あなたが応援するチームや気になるチームのデータを確認してみてください。

シーズンサマリー

「シーズンサマリー」は、シーズンを通じたチーム成績、個人成績を振り返ることができるページです。各チームのシュート回数、ゴール回数を把握するだけでなく、どれくらいシュート機会を作っているかを測る「チャンス構築率」やチームの決定力を示す「シュート決定率」をみることで、チーム別のストロングポイントやウィークポイントを把握することが可能です。また、CBPのランキングを把握することで、チーム別の攻撃パターンを把握することもできます。チーム別のゴールランキング、アシストランキングや、全出場選手のCBPを確認することもできます。

シーズンサマリーイメージ

マッチレポート

「マッチレポート」では、週末のリーグ戦の詳細スタッツ(試合結果・基本スタッツ・CBP・時間帯別スタッツ)をご確認いただけます。主に月・火曜日の夜にアップデートしておりますので、是非週末の試合の振り返りにご活用ください。
※J3のデータ更新は不定期となります。ご了承ください。

マッチレポートイメージ

マッチプレビュー

「マッチプレビュー」では、次節の対戦相手に関する詳細情報を、自チームと比較しながらご確認いただけます。過去の戦績や、対戦相手の得点パターンなど、次節対戦の見どころをデータで紹介しています。主に木曜・金曜に見どころの文章と予想スタメンフォーメーションをアップデートしておりますので、週末の試合の前にチェックしてみてください。

マッチプレビューイメージ

フォーメーション

「フォーメーション」では、そのシーズンの各ポジション(サイドバックなどの詳細な区分け)ごとのスタメン起用回数をご確認いただけます。どのポジションで誰が起用されているかのチェックにご活用ください。

フォーメーションイメージ

ランキング

「ランキング」では、チーム内でのCBPやゴール、アシストのランキングをご確認いただけます。応援しているチームはもちろん、次に対戦するチームの中心選手が誰なのかのチェックにご活用ください。

ランキングイメージ

チームスタイル

「チームスタイル」では、各データから算出されたチームスタイル指標と、それぞれの攻撃における詳細なデータをご確認いただけます。

チームスタイルイメージ

シーズン比較

「シーズン比較」では、フットボールラボを立ち上げた2012年からの戦績やチャンス構築率、得失点パターンといったデータを、シーズン別に比較することができます。

シーズン比較イメージ

移籍情報

「移籍情報」では、シーズンオフはもちろんシーズン期間中も含めて、チームの加入選手、放出選手の一覧をご確認いただけます。

移籍情報イメージ

対戦予測シミュレーション

「対戦予測シミュレーション」では、プレーデータをもとに各チームとの対戦結果・データをシミュレートできます。

シミュレーションイメージ

選手ページ

「選手ページ」では、シーズンを通じた個人成績を1節ごとに振り返ることが可能です。ゴール、アシストのみならず、シュートCBPや攻撃CBP、守備CBPの推移を追うことで、選手の好不調を確認することができます。また、パス、ドリブル、クロスCBPを把握することで、各選手のプレイスタイルや個性が見えてきます。

選手ページイメージ

2. 「Football LAB」オリジナルの評価指標CBP

FootballLABは、オリジナルの評価指標となるチャンスビルディングポイント(CBP)を開発し、チームや選手の評価を行っています。 様々な見方があるサッカーというスポーツの中で「どのチームが(または誰が)本当に効果的なプレーをしているのか?」の『見える化』を試みた指標です。CBPを利用することで、チームや選手の活躍を分かりやすく数値化していますので、是非お楽しみください。

3. 「Football LAB」オリジナルのPlaying Style指標

FootballLABは2014年にPlaying Style指標(プレースタイル指標)を開発し、各選手ページとリーグサマリーページに公開しました。各選手のプレーデータから決定力、シュート力、パスレスポンス力、パスチャンス力、クロスチャンス力、ドリブルチャンス力、ビルドアップ力、敵陣空中戦、自陣空中戦、守備力、ボール奪取力の計11項目を20段階で算出し、選手のプレースタイルを分かりやすく表現しています。Playing Style指標は各選手ページでご確認いただけます。

4. 「Football LAB」オリジナルのチームスタイル指標

FootballLABは2017年にチームスタイル指標を開発し、各チームページとリーグサマリーページに公開しました。チームのプレーデータから算出したセットプレー、サイド・中央攻撃、カウンター、ポゼッションに加え、トラッキングデータからコンパクトネス、最終ライン、ハイプレスなどの新しいデータも掲載しております。

5. 「Football LAB」編集部によるコラム

様々なスタッツやオリジナル評価指標のCBPを元に、「Football LAB」編集部で定期的にコラムを配信しています。Jリーグに限らず、日本代表や海外の注目試合についても、コラムを執筆しています。

Football LABのある一週間

土曜日Saturday

日曜日Sunday

試合を観る

スタジアムやテレビ中継で試合をチェック!

月曜日Monday

火曜日Tuesday

試合、リーグを振り返る

最新試合のスタッツを更新!チャンス構築率やCBPなどのデータを見ながら、応援しているクラブの試合を振り返ろう!
リーグサマリーにあるCBPランキングや得失点パターン、支配率なども更新!応援しているチーム、選手やライバルの動向を、リーグ全体の視点から振り返ろう!

水曜日Wednesday

木曜日Thursday

金曜日Friday

次の相手を知る

見どころや予想フォーメーションを更新。CBP比較、過去の対戦成績や得点パターンから、相手チームの弱点、注意すべき選手を把握しよう!欠場選手情報もあるので、totoの予想ユーザーも必見!

お問い合わせ

本サイトに掲載されているデータのご利用などに関しては、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
※1 StatsStadiumとは
2008年より、(株)Jリーグメディアプロモーションとデータスタジアム(株) は、Jリーグ主催試合における公認データを提供する「オフィシャルデータサプライヤー」契約を締結し、Jリーグ公認データ「StatsStadium」を提供しております。「StatsStadium」は、データスタジアム(株)がStatsStadium事務局として運用しています。
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
Column more
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
順位表
勝点試合得点得失
1 C大阪 38 18 35 19
2 鹿島 37 18 28 9
3 川崎F 35 18 33 16
4 34 18 27 8
5 横浜FM 33 18 23 8
6 G大阪 32 18 31 13
7 磐田 31 18 25 10
8 浦和 29 18 43 13
9 神戸 26 18 20 -2
10 FC東京 25 18 24 3
11 鳥栖 24 18 21 -1
12 清水 21 18 21 -4
13 仙台 21 18 22 -13
14 甲府 16 18 10 -9
15 札幌 16 18 16 -12
16 大宮 15 18 16 -16
17 広島 11 18 16 -15
18 新潟 8 18 12 -27
攻撃CBP
1 浦和 399.93
2 川崎F 397.79
3 広島 366.49
4 鹿島 326.57
5 C大阪 309.68
6 G大阪 301.71
7 300.08
8 仙台 299.90
9 神戸 293.57
10 FC東京 277.02
11 横浜FM 248.65
12 清水 241.33
13 鳥栖 239.94
14 札幌 239.54
15 磐田 222.41
16 大宮 219.58
17 甲府 187.91
18 新潟 180.66
守備P
1 鹿島 942.86
2 912.91
3 甲府 885.40
4 大宮 882.52
5 清水 878.66
6 札幌 876.71
7 C大阪 866.89
8 G大阪 863.89
9 鳥栖 834.39
10 浦和 826.55
11 新潟 822.65
12 仙台 813.35
13 川崎F 799.66
14 横浜FM 786.93
15 広島 767.04
16 神戸 750.00
17 FC東京 748.35
18 磐田 726.32
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 47 23 27 10
2 福岡 46 23 34 15
3 長崎 41 23 30 7
4 徳島 40 23 37 16
5 名古屋 37 23 36 4
6 横浜FC 35 23 31 9
7 東京V 35 23 32 6
8 水戸 35 23 28 2
9 大分 34 23 32 4
10 岡山 34 23 26 -1
11 松本 33 23 30 12
12 千葉 33 23 39 3
13 町田 32 23 31 4
14 愛媛 32 23 30 -2
15 山形 32 23 20 -7
16 京都 29 23 30 0
17 金沢 28 23 26 -11
18 岐阜 26 23 33 -3
19 熊本 22 23 25 -12
20 山口 19 23 23 -9
21 讃岐 13 23 23 -16
22 群馬 13 23 15 -31
攻撃CBP
1 岐阜 562.67
2 千葉 501.73
3 名古屋 489.63
4 徳島 411.12
5 東京V 388.36
6 大分 386.24
7 湘南 384.95
8 福岡 382.68
9 山口 375.07
10 山形 356.73
11 愛媛 344.95
12 松本 327.76
13 横浜FC 303.19
14 京都 293.48
15 岡山 284.82
16 群馬 276.73
17 水戸 272.89
18 町田 271.79
19 金沢 271.65
20 熊本 267.93
21 讃岐 249.58
22 長崎 240.62
守備P
1 群馬 1313.20
2 町田 1296.18
3 岐阜 1264.26
4 山形 1237.49
5 岡山 1220.78
6 徳島 1213.57
7 讃岐 1208.27
8 東京V 1202.40
9 金沢 1197.37
10 湘南 1194.12
11 愛媛 1194.03
12 千葉 1191.37
13 山口 1180.76
14 水戸 1178.82
15 松本 1162.96
16 横浜FC 1137.82
17 熊本 1130.40
18 大分 1119.49
19 長崎 1109.00
20 福岡 1084.01
21 名古屋 1079.63
22 京都 1064.92
#footballlab
HOME » Football LAB(フットボールラボ)とは
Team Select close