TEAM SELECT

コラムColumn2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 名古屋vs清水 第2戦 注目データ。

HOME » 2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 名古屋vs清水 第2戦 注目データ
2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 名古屋vs清水 第2戦 注目データ
2012.8.6

------------------------------------------------------------------------------------ 
【第1戦の試合内容】
前半は互いに決定機をほとんど作り出せず、スコアレスで折り返す。後半に入り、両チームともに選手交代で攻撃のリズムに変化を加えるも、均衡が破れない。時間だけが経過していく状況だったが、後半32分に闘莉王の落としを受けた吉田 眞紀人がプロ入り初となる得点を決め、名古屋グランパスが貴重なアウェイゴールを奪取する。その後は清水エスパルスの猛攻を受け、幾度となくピンチを迎えるが、無失点に抑えることに成功。第2戦に向けて大きなアドバンテージを得た。

一方スタッツを見ると総パス成功率や前方へのパス成功率、スルーパス成功率は清水が上回っているので、最近の悩みの種である決定力(枠内シュート数、シュート枠内率)を高めることができれば、逆転での準決勝進出も十分可能だろう。
------------------------------------------------------------------------------------  

※攻撃CBPの順位は準々決勝第1戦4カードに出場した選手中の順位

------------------------------------------------------------------------------------  
両チームの選手毎の攻撃CBPを比較すると、圧倒的に清水の方がポイントが高い。特に石毛 秀樹(17歳)はパス、クロス、ドリブルでバランス良くポイントを稼ぎ、準々決勝第1戦の4カードの中でトップになった。第2戦でも注目したい。
------------------------------------------------------------------------------------  

------------------------------------------------------------------------------------  
名古屋はDFライン、DF⇔ボランチのパス交換が多いが、清水は中盤の選手間でのパス交換が多い傾向がある。
------------------------------------------------------------------------------------ 

※データは8月6日時点

------------------------------------------------------------------------------------   
比較的ホームで強い名古屋に対し、清水はアウェイで勝ち点獲得率が3割しかなく、平均得点も0.6とこのホーム/アウェイ別データから見ると名古屋が有利と言える。
------------------------------------------------------------------------------------

※データは8月6日時点

------------------------------------------------------------------------------------ 
8月4日のアウェイ広島戦で久しぶりの勝利を挙げた清水。一方、今回負けなければ準決勝に進める名古屋は1敗しかしていない。
------------------------------------------------------------------------------------ 

※表中のスコアは左側がホームチームの得点

--------------------------------------
第1戦は1-0でアウェイの名古屋が勝利。名古屋は引き分け以上で勝ち抜けとなる。
清水は2点以上を挙げての勝利であれば、1点差であっても勝ち抜け。清水が1-0で90分を終えた場合のみ、延長戦となる。

-------------------------------------

2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 「JOIN! CUP UP! キャンペーン」はこちら

PICK UP Column