TEAM SELECT

ティップスTips試合開始から5分以内の一発退場。

HOME » 試合開始から5分以内の一発退場
試合開始から5分以内の一発退場
2020.12.3

試合開始から5分以内の一発退場

11月29日(日)に行われたJ3第30節のAC長野パルセイロvsFC今治において、今治の楠美圭史選手が3分に退場。J3においては最速での一発退場となった。

そこで、これまでのJリーグの歴史における試合開始から5分以内の退場をリストアップしてみた。時間は公式記録上のものとなる。Jリーグでは2009シーズンまでは「秒切り捨て」、2010シーズンからは「秒切り上げ」で記録しているため、2009シーズンの菅原智選手(東京V)やキムジンヒョン選手(C大阪)の退場は現行の記録方法に従うと1分となる。

前半開始のキックオフから約6秒で退場の対象となるファウルが発生し、当時の世界最速とも言われた菅原智選手(東京V)の退場劇。サブにGKがおらず、フィールドプレーヤーの河野淳吾選手がほぼ1試合を通じてゴールマウスを守った菅野孝憲選手(横浜FC)の退場劇。当事者たちにとっては苦い記憶かもしれないが、Jリーグや愛するクラブ、愛する選手を語る上では味わい深い歴史の1ページである。

文:小野 正太郎

2020.12.3
J STATS

Columns

Tips

Graphics