TEAM SELECT

ティップスTips2021J2 主なプレースキッカー(7/4終了時点)。

HOME » 2021J2 主なプレースキッカー(7/4終了時点)
2021J2 主なプレースキッカー(7/4終了時点)
2021.7.12

今季のJ2における「各チームの主なプレースキッカー」をまとめた。

今季のJ2は比較的右利きの選手が多くプレースキッカーを務めている点が特徴的だ。
中でも、千葉見木友哉は左CKから、群馬大前元紀は両サイドから30本以上のCKクロスを蹴っていて、なおかつ成功率も高い数字が出ている。
もちろん、CKクロスの成功率はキッカーの問題だけでなく、中央で競り合いに強い選手がいれば自ずと数字が上がってくる傾向にあるため、一概にキッカーの評価とは結び付かないが、1つの指標として参考にして頂きたい。

ここまでのJ2リーグで直接FKを沈めて得点を挙げたのは7選手。特に甲府野津田岳人新潟高木善朗は多くのFKシュートを枠内に飛ばしており、キック精度の高さがうかがえる。
また、秋田のプレースキッカーとして、CKやFKのみならず、ロングスローでも大車輪の活躍を見せてきた鈴木準弥FC東京への移籍が決定している。J1の舞台でも名キッカーとしてアピールできるだろうか。注目が集まる。

文:増田 椋斗


■関連ページ
2021J1 主なプレースキッカー(7/4終了時点)
https://www.football-lab.jp/column/entry/801/

2021.7.12
J STATS

Columns

Tips

Graphics