TEAM SELECT

コラムColumn2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 鹿島vsC大阪 第1戦 注目データ。

HOME » 2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 鹿島vsC大阪 第1戦 注目データ
2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 鹿島vsC大阪 第1戦 注目データ
2012.7.23

------------------------------------------------------------------------------------ 

最近の試合では両チームともロースコアの試合が続いています。鹿島は直近5試合で負けがなく好調を維持しています。

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

------------------------------------------------------------------------------------ 

2010年はC大阪が2勝しましたが、2011年以降は鹿島が4連勝中です。

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

------------------------------------------------------------------------------------ 

鹿島では小笠原選手、C大阪では播戸選手が多く対戦しておりゴールも挙げています。

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

<戦評>-------------------------------------------------------------------------------

C大阪は再三のチャンスを決め切れず、リーグ戦において5試合連続で勝ちなしとなった。

序盤は柿谷やケンペスを中心に攻め込むものの、シュートがポストに当たるなど決定機を生かし切れない。すると、前半38分にFKを小笠原に直接決められ、先制を許してしまう。この状況を打開するため、永井や村田を投入し、攻撃の活性化を図る。だが、最後まで鹿島の組織的なディフェンスを崩せず。シュートの精度の低さも響き、完封負けとなった。

----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

※データは2012リーグ戦のものです

------------------------------------------------------------------------------------ 

両チームの攻撃CBPトップの選手データをピックアップしました。

鹿島はゴールも狙えパスでもチャンスメイク出来る遠藤選手に注目です。
C大阪はこれまでの主力選手が出場できませんが、酒本選手のクロスCBPはリーグでも2位と高いので彼のクロスに注目です。

※CBP(チャンスビルディングポイント)とは

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

※表中の順位はJ1リーグ内での順位です

------------------------------------------------------------------------------------ 

鹿島は後半開始から60分までの失点が少なく、次の61分から75分では得点が多い傾向があるため、この30分間が勝負の分かれ目となるかもしれません。
------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 「JOIN! CUP UP! キャンペーン」はこちら

PICK UP Column