TEAM SELECT

ティップスTips2021オフシーズン J1新加入選手の出場時間ランキング。

HOME » 2021オフシーズン J1新加入選手の出場時間ランキング
2021オフシーズン J1新加入選手の出場時間ランキング
2021.1.23

J1に新しく加わる選手を昨季の出場時間でランキング!

岡村大八は昨季、自身J2初挑戦 ながら、群馬の4バックの一角として不動の地位を築き上げ、見事に全試合フルタイム出場を達成した。空中戦での強さだけでなく、頭脳を使った的確な守備は相手攻撃陣を苦しめる。

スキンヘッドがトレードマークの田代雅也は、185cmの体格を生かし、栃木の空を制してきた。J1の舞台でも十分に通用するポテンシャルを秘めている。

永井堅梧は快進撃を見せた北九州の絶対的守護神として存在感を示した。フットボールラボ算出のチャンスビルディングポイント「セーブ」部門では、堂々のリーグ1位を記録。新天地では権田修一らと非常にレベルの高い正GK争い を繰り広げることとなる。

上島拓巳はレンタルバックで柏に復帰 。昨季の福岡を昇格に導いた原動力の1人だ。恵まれた体格と的確な判断から繰り出されるプレーは、その端正な顔立ちとともにサポーターを魅了してやまない。

明本考浩は昨季、大卒ルーキー ながらもその献身性と前線ならどこでもこなす器用さで一気に主力へと駆け上がった。野心に満ちあふれたプレーをJ1でも存分に披露したい。

藤田譲瑠チマは若き中盤の有望株として、昨季その名をリーグ全体に響かせた。こぼれ球奪取やインターセプトなどで好成績を残し、守備のみならず攻撃でも変化を付けるパスや展開を変えるドリブルでチームに貢献できる選手だ。

福森健太は左右両サイドを高いレベルでこなせる「サイドの職人」だ。ドリブルやクロスでチャンスを演出するだけでなく、プレースキッカーとしても、屈指のレベルにある。

遠野大弥は、JFL時代よりその名を知られた 希代のアタッカーだ。小柄な体格を武器に、素早いドリブルと切れ味鋭いシュートでゴールを量産。果たして「王者」にどのように溶け込むか、注目が集まる。

新天地に神戸を選んだ井上潮音は、世代トップクラスのゲームメーカーだ。近年の東京Vでは中盤やサイドのみならず、0トップ気味に前線のポジションも任されたことで、プレーの幅が広がった。J1初年度からの活躍が期待される。


文:増田 椋斗


・関連リン
2021オフシーズン J2新加入選手の出場時間ランキング
https://www.football-lab.jp/column/entry/776/

2021オフシーズン J3新加入選手の出場時間ランキング
https://www.football-lab.jp/column/entry/778/

2021.1.23
J STATS

Columns

Tips

Graphics