TEAM SELECT

コラムColumn2015年J3 全試合出場を達成しようとしている選手一覧。

HOME » 2015年J3 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
2015年J3 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
2015.11.21

全試合に出場している選手は22人で、ポジションで見ると、フルタイム出場を果たしているのはGKのみだった。これには5人の交代枠など、明治安田J1、明治安田J2とは異なるレギュレーションが導入されていることが理由として考えられるだろう。また、上位につけるチームに不動の守護神が存在する傾向があることは、興味深い結果だ。

チーム別に見ると、町田が最多の4人で、これに山口と秋田が3人で続く格好となった。ある程度固定したメンバーで戦う町田と山口は優勝を争っている。秋田は5連勝を含む13戦負けなしを記録。独特なつなぐサッカーを展開し、今季の明治安田J3においてトピックスの1つになった。

昨季から連続での全試合出場選手には、吉田明生佐藤悠希の2人が該当する。吉田は、最下位に沈むYS横浜においてさまざまなポジションで出場。主将として孤軍奮闘とする姿が印象的だった。佐藤はチームトップとなる11ゴールを挙げるなど、攻撃をけん引。チームは昇格を果たせなかったが、自身は安定した活躍を披露した。

圧倒的な攻撃力を誇る山口は、ペナルティエリア内に何人もの選手が進入してゴールに迫っていくのが特徴。その分、サイドの攻撃的なMFを務める島屋八徳鳥養祐矢は消耗が激しく、特に鳥養は第17節を除き全て途中交代をしている。

不動の存在とされる選手が全試合出場を達成する傾向がある中、ひときわ目を引くのは鳥取の田中智大。先発としてもジョーカーとしても機能する貴重な存在だ。今季挙げている3ゴールは全て藤枝戦と「藤枝キラー」の顔を持つ。

■関連ページ
2015年J1 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
http://www.football-lab.jp/column/entry/623/

2015年J2 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
http://www.football-lab.jp/column/entry/624/

2014年J1 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
http://www.football-lab.jp/column/entry/583/

2013年J1 全試合出場を達成しようとしている選手一覧
http://www.football-lab.jp/column/entry/465/

2013年 J2全試合出場を達成しようとしている選手一覧
http://www.football-lab.jp/column/entry/455/

PICK UP Column