北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノス湘南ベルマーレ清水エスパルスジュビロ磐田名古屋グランパスガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖V・ファーレン長崎
モンテディオ山形水戸ホーリーホック栃木SC大宮アルディージャジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FCヴァンフォーレ甲府松本山雅FCアルビレックス新潟ツエーゲン金沢FC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFCザスパクサツ群馬Y.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 2017シーズン序盤のプレースキッカーまとめ
RSS
Column
2017 4/20 [Thu.]

2017シーズン序盤のプレースキッカーまとめ

昨年の記事「2016シーズン序盤のプレースキッカーまとめ」と同様に今季も各チームのプレースキッカーを下表の通りまとめた。

同数の場合は昨季の担当数が多い選手を掲載。フリーキック(以下FK)のクロス、シュートは直接蹴ったもののみをカウントしており、「-」は該当件数が0のものとなっている。

PKを含めたセットプレーからのゴール数で最多を記録している鳥栖は、原川力がFKで2得点をマーク。コーナーキック(以下CK)によるアシストも1本記録している。

千葉はFKによるクロスが現時点で0。右サイド高い位置でのフリーキックでは1人を経由してからゴール前へ運ぶ傾向にあった。同様に右サイドからのCKでは主に町田戦で1、2人を経由しペナルティエリア進入を狙う機会が多かったため、ショートコーナーの数が伸びている。

Jリーグ初年度となる沼津は尾崎瑛一郎がキッカーを担当しており、まだ試合数は少ないもののFKシュートは2本とも枠に収め、FKクロスの成功率(味方につながった割合)は57.1%と高い数値を記録している。


今季は彼らの足からどのようなゴールが生まれるのだろうか。


関連ページ
J1 得点パターン

J2 得点パターン

J3 得点パターン

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
  • 2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, 湘南ベルマーレ, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, 名古屋グランパス, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, V・ファーレン長崎, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, 栃木SC, 大宮アルディージャ, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, ヴァンフォーレ甲府, 松本山雅FC, アルビレックス新潟, ツエーゲン金沢, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, ザスパクサツ群馬, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
Jリーグスタジアム
#footballlab
HOME » 2017シーズン序盤のプレースキッカーまとめ
Team Select close