ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノス湘南ベルマーレヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟ジュビロ磐田名古屋グランパスガンバ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島アビスパ福岡サガン鳥栖
北海道コンサドーレ札幌モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC松本山雅FCツエーゲン金沢清水エスパルスFC岐阜京都サンガF.C.セレッソ大阪ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCギラヴァンツ北九州V・ファーレン長崎ロアッソ熊本
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCガイナーレ鳥取大分トリニータ鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 2015年J1・J2・J3リーグ 空中戦ランキング
RSS
Column
2015 12/15 [Tue.]

2015年J1・J2・J3リーグ 空中戦ランキング

■J1
飯田真輝は自陣で3位、敵陣では1位に輝き、両方でランクインを果たした唯一の選手となった。自陣の上位には槙野智章森重真人など、日本代表に招集されているセンターバックが何人も名を連ねている。

敵陣の合計数ではパトリック豊田陽平が400回以上を記録。今回のランキングには入らなかったが、最多は松本のオビナで497回だった。

高身長なFWがそろう中で、ボランチのアルセウは180センチに満たないがランクインしており、数字以上に価値のある結果といえる。

■J2
自陣の上位にはダニエル岩政大樹高木和道と、経験豊富な選手たちが名を連ねた。ダニエルは勝率80パーセント以上を記録しており、彼がフル稼働できていれば大分は違った結果を得られたかもしれない。

敵陣の勝率でトップに立ったのは、J2の得点王に輝いたジェイ。得点ランキングで3位だった小松塁は、合計数で最多の数字をたたき出した。

■J3
最多は2位の町田と3位の長野で、自陣と敵陣から2名ずつランクイン。優勝を飾った山口からは宮城雅史のみとなっている。

J3で最少失点を誇った町田の深津康太増田繁人のセンターバックコンビが、自陣の勝率でワンツーフィニッシュを果たした。

敵陣の方では身長が180センチ以下の選手が半数を占めているのが、J1やJ2とは明らかに違う点だった。中でも、174センチの重松健太郎はひときわ目を引く存在といえる。

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, 湘南ベルマーレ, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, ジュビロ磐田, 名古屋グランパス, ガンバ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, アビスパ福岡, サガン鳥栖, コンサドーレ札幌, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 清水エスパルス, FC岐阜, 京都サンガF.C., セレッソ大阪, ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, ギラヴァンツ北九州, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ナビスコカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, ガイナーレ鳥取, 大分トリニータ, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキング, 選手指標開発
順位表
勝点試合得点得失
1 鹿島 39 17 29 19
2 川崎F 38 17 33 18
3 浦和 33 17 26 10
4 広島 29 17 32 14
5 大宮 26 17 17 -1
6 G大阪 24 17 22 2
7 24 17 20 -1
8 磐田 23 17 21 -2
9 FC東京 23 17 16 -2
10 仙台 23 17 20 -5
11 横浜FM 22 17 21 2
12 神戸 20 17 23 -2
13 新潟 18 17 19 -6
14 名古屋 17 17 24 -5
15 鳥栖 17 17 10 -5
16 湘南 16 17 18 -9
17 甲府 15 17 18 -13
18 福岡 11 17 11 -14
攻撃CBP
1 浦和 417.84
2 川崎F 373.56
3 広島 315.74
4 G大阪 292.53
5 鹿島 292.47
6 274.49
7 横浜FM 270.96
8 FC東京 260.32
9 新潟 250.72
10 神戸 249.08
11 仙台 237.63
12 大宮 225.10
13 湘南 220.73
14 鳥栖 220.51
15 磐田 215.31
16 名古屋 207.42
17 福岡 177.46
18 甲府 165.67
守備P
1 鹿島 919.47
2 湘南 871.09
3 855.88
4 大宮 820.95
5 仙台 792.15
6 FC東京 789.25
7 名古屋 759.36
8 浦和 750.71
9 磐田 738.35
10 川崎F 737.50
11 鳥栖 733.34
12 横浜FM 715.06
13 福岡 713.58
14 神戸 706.72
15 新潟 706.19
16 甲府 700.11
17 G大阪 694.98
18 広島 671.94
順位表
勝点試合得点得失
1 札幌 39 18 27 14
2 C大阪 37 19 25 6
3 松本 35 19 25 12
4 岡山 35 19 30 10
5 京都 33 18 26 9
6 町田 32 19 21 7
7 山口 31 19 27 0
8 清水 30 19 31 15
9 千葉 29 19 26 5
10 岐阜 24 19 23 -7
11 愛媛 23 18 13 -3
12 山形 21 18 15 -3
13 讃岐 21 19 21 -5
14 徳島 21 19 18 -6
15 熊本 20 14 16 1
16 横浜FC 20 18 19 -1
17 東京V 20 19 16 -9
18 水戸 19 18 15 -1
19 長崎 17 18 21 -7
20 群馬 17 19 22 -9
21 北九州 14 19 15 -14
22 金沢 12 19 18 -14
攻撃CBP
1 千葉 365.47
2 清水 363.47
3 C大阪 348.63
4 山口 341.44
5 松本 302.27
6 東京V 299.27
7 札幌 295.75
8 岡山 294.63
9 山形 277.22
10 徳島 276.61
11 京都 271.79
12 横浜FC 264.41
13 北九州 260.42
14 長崎 258.27
15 愛媛 256.67
16 町田 255.12
17 金沢 245.98
18 水戸 244.71
19 群馬 243.87
20 岐阜 241.24
21 讃岐 237.38
22 熊本 171.41
守備P
1 山口 1211.20
2 群馬 1136.06
3 北九州 1134.23
4 東京V 1094.51
5 町田 1085.51
6 C大阪 1070.04
7 松本 1064.76
8 清水 1046.52
9 千葉 1044.65
10 徳島 1041.90
11 愛媛 1039.62
12 岐阜 1014.62
13 京都 996.76
14 横浜FC 996.40
15 札幌 996.28
16 岡山 994.59
17 金沢 991.57
18 山形 988.99
19 長崎 981.31
20 讃岐 968.19
21 水戸 967.44
22 熊本 874.95
#footballlab
HOME » 2015年J1・J2・J3リーグ 空中戦ランキング
Team Select close